デートへの誘い方



狙った女を口説き落とすためには、まずはデートに誘って、それに応じてもらう必要があります。


初デートは女を口説き落とすためのファーストステップなのですが、このステップがうまくいかなければ、そもそも女を口説き落とすことはできません。


例えば、合コンや知人の紹介で知り合った女をデートに誘う場合は、電話かメールでデートに誘うのが一般的ですが、言葉の使い方を一工夫するだけでも、デートに応じてもらえる確立は格段に高くなります。


言葉の使い方といっても難しい言葉を使って下さいということではありません。


デートに誘う時に「よかったら」を付けて誘うだけでも、格段にデートに応じてくれる可能性が高くなります。


例えば、「是非、僕と一緒にご飯を食べに行ってもらえませんか?」のようなデートの誘い方だと、誘うわれる方には「もし恋愛対象じゃなかった場合に断るのが大変そう」とか「この人女に飢えているかも?」みたいにみたいにマイナスに取れらてしまいます。


「是非」という言葉には真剣さを感じますが、同時に焦りも感じます。


「是非」は真剣に気持ちを伝える時には、非常に効果的な言葉ですが、お互いをよく知らないタイミングでは、逆に相手に警戒心を与えてしまうのです。


しかし、「よかったら近々ご飯を食べに行きませんか?」のようにデートに誘えば、誘われる方も「とりあえずお互いを知りましょうという感じがある」「断れても構わないような誘い方だから女にモテる人なんだ」のようにプラスに取ってもらるのです。


「よかったら」という言葉には余裕を感じます。


当たり前の話ですが、男女の相性が合うかどうかなんてすぐにはわかりません。


だからこそ、「まずはお互いを知りませんか?」のようなニュアンスでデートに誘った方が、応じてもらえやすいのです。


繰り返しになりますが、「是非」という言葉は真剣さと同時に焦りも伝わってしまいますが、「よかったら」という言葉は余裕を伝えることができます。


どちらも女をデートに誘う時によく使う言葉ですが、どちらを使うかで相手への伝わり方も全く違ってしまいます。


言うまでもありませんが、余裕のある男にしか女はついてきません。