女の話に共感をしよう



女を口説き落としたかったら、女の話に共感をしてあげましょう。


ちゃっと頭が良くて弁が立つ男に限って、女の話を否定しようとします。


例えば、女を口説き落としたくて飲みに誘って、女が飲みの席で会社や人間関係の愚痴をこぼしても、それを真っ向から否定してはいけません。


人として、その女の人生指導をしたいのなら話は別ですが、口説き落とすことが目的なら、女の話を否定しても何の意味もありません。


なぜなら、女は心地よい気分にしてくれる男に心を許すからです。


女が恋愛対象の男に求めているのは、否定ではなく共感と助言です。


酔った勢いで女が愚痴を吐いても、まずはよく話を聞いてあげて、共感をしてあげましょう。


そして、共感をした後で助言をしてあげましょう。


例えば、資格試験に向けて勉強をしている女が、勉強がうまくいかないと愚痴をこぼしてきたら、まずは話をよく聞いてあげて、共感をしてあげます。


その上で、「人間は朝の方が集中力が高いらしいから、会社に出勤する前に勉強をするようにしてみたらどうかな?」のように助言をしてあげます。


女がその助言を実行するかどうかは別として、話に共感をしてくれたこと、自分のために助言をしてくたことに喜びを感じれば、男に心を許すようになります。


女が男に心を許してくれれば、後は簡単に口説き落とすことができます。