ナンパは声のかけ方が一番重要



女を口説き落とすためには、女との出会いが最低限必要です。


女との出会いを増やす方法として、手っ取り早いのがナンパです。


ナンパと聞いて、「ほとんど成功しないよ」と思われたかもしれませんが、そんなことはありません。


ナンパは声のかけ方を工夫するだけで、格段に成功率を高くすることができます。


では、どのように声をかければ、ナンパ成功率を高くすることができるのか?


それは、第一声でナンパと思われないように声をかけることです。


例えば、「これから一緒に飲みに行きませんか?」「これから一緒にカラオケに行きませんか?」などのように声をかけた、一発でナンパだとバレてしまいます。


もちろん、ナンパだとわかった瞬間に拒絶されます。


では、「ちょっと道を聞きたいんですけど?」と声をかければ、どうでしょうか?


ほとんどの女は足を止めて立ち止まってくれるはずです。


ナンパにおいて最も重要なのは、女の足を止めることです。


まずは、話をしっかりと聞いてもらう状況を作らないことには、次につながらないのです。


僕がナンパをする時は、いつも以下のように声をかけます。


  • 僕 : この辺に○○っていう居酒屋があるはずなんですけど、知りませんか?

※基本的にはその居酒屋がある目の前で声をかけるので、ほぼ100%「すぐそこですよ」と言われる

  • 女性 : すぐそこですよ。


  • 僕 : ありがとうございます。お礼に一杯奢りますので、一緒に飲みませんか?


  • 女性 : えっ(汗)


こんな感じです。


もちろん、僕でも100%成功することはありませんが、大体3、4人の女に声をかければ、そのうち1人は一緒に飲んでくれるか携帯電話の番号を教えてくれます。


工夫次第で出会いはいくらでも増やすことができます。